18種のクラフトビールに合う食事が楽しめる隠れ家パブ、The Earl of Essex

Angel駅近くのカムデンパッセージから徒歩3分程度の閑静な住宅街にぽつんと現れるパブ、The Earl of Essex。一見どこにでもあるようなパブに見えますが、知る人ぞ知るクラフトビールの宝庫です。ビールの種類は全18種類で、1〜数週間ごとに変わるようです。通いつめて、自分の一番好きなビールを見つけようと思いました。

Read More

イタリアンソーセージとトリュフのリゾットが絶品、Capricci

Tate Modern周辺で美味しいイタリアンが食べたかったら間違いなくおすすめです。今回テートモダンの特別展に行くのに、そのあたりのおすすめレストランを探していたところ、おいしいロンドン編集部メンバーのfoodiesasaさんにここを教えてもらいました。結局ここが美味しすぎて、その日は特別展に行くのをやめてデザートまでゆっくりしてしまいました。

Read More

贅沢で至上のフュージョン寿司を安心価格で食べられる、Dinings

和牛、大トロ、キャビア、トリュフ、フォアグラなどの贅沢食材を、センスの良いフュージョン寿司として日本人シェフが提供してくれます。日本の丁寧な接客と、イギリスの柔軟な接客の良いとこ取りをしたような親切なウェイターさんの対応がとても気持ち良かったです。 とんでもない価格が請求されそうな食材陣ですが、予算を言って、その中でおすすめのメニューを組んでもらうこともできます。今回は「初めて来たので代表的なメニューを楽しみたい」、「お寿司中心」、「食べられないものはない」というリクエストで予算一人£70でやっていただきました。Diningsの代表メニューを一通り網羅したい場合のおすすめ予算は一人£70から£100ということですが、結論から言って、この店の最大の強みである贅沢で美味しいフュージョンお寿司だけを楽しみたい場合は、予算をもっと低くしても大丈夫だと思います。お寿司だけ(この記事からタルタルチップス、カニロール、デザートを抜いたもの)なら一人£55(ドリンク、デザートは別)でも様々な高級食材寿司が楽しめるはずです。

Read More

生ハムとワインが最高に美味しいタパスバー、Casa Manolo

スペインの上質な生ハムとワインが最高においしい、老舗(1980年創業)スパニッシュタパスバー。英語があまり通じないうえに、ホームページも大体スペイン語なあたり、質で勝負しているのを感じます。特にマネージャーにはほとんど英語が通じませんが、一生懸命対応してくれます。どのスタッフもフレンドリーかつ親切で、シェフが手の空いている時はサーブまでしてくれます。

Read More

落ち着く空間でお得な本格日本食ランチ、上質な創作寿司も

アットホームで落ち着く、美味しい日本食レストランです。家庭の味や、本格的なお寿司、ここでしか食べられない創作お寿司などが魅力です。オーナーのAkemiさんは大阪南西部にある海と山の幸に囲まれている街、阪南市のご出身なので、ちらし寿司も「関西ちらし」だったりと、ロンドンに数多くある日本食レストランの中でもユニークな存在です。

Read More

Posts navigation